Menu

Rootsについて

Home

Rootsについて

代表の想い

代表

私が歯科技工士になったきっかけは、ただいとこが歯科衛生士だったから、というだけの理由でした。

専門学校で考え方や技術のスタート地点を学び、その後の関西では応用的な技術やより深い知識を身につけることができました。
現在でも県外からたくさんのご注文を頂きます。

ですが、やはりこの熊本が私の帰る場所だと思いました。
いろいろなことを学び、そしてこの熊本に戻ってきました。だから”Roots”。

私の原点であり帰る場所であり、そしてゴールでもある熊本でこれからも。

歯科技工士という仕事

歯科技工士という仕事

歯科技工士という仕事は、誰もが明確なイメージを持つことが難しい仕事です。なぜならば歯科医院とは違い普段触れることのない仕事だからです。人によっては、敷居の高い仕事だと思われている方もいらっしゃるようです。

この仕事は完全な裏方であり、誰もが知る仕事ではありません。ゆえに敷居も高く、知られていないことがたくさんあります。

例えば、皆さんは「新しいものであれば、以前のものより良い」というイメージを持っていませんか?それは不正解です。誰もがそのような最新技術のものが合うわけではありません。

その人の口に合うもの、ひとりひとりに合うものが違い、その人に一番適した『材料』『見た目』『機能性』のものを提供する。
「今のものよりこっちの方がいい」を、常に追求し続けるのが歯科技工士なのです。

Rootsの考え方

当技工所には5人のスタッフと彼らが使用する機械があります。
時代が進み、より高度でより正確な機械が開発され、その機械に頼りきりになってしまう歯科技工士もいるかもしれません。
ですが、私は全て技術力において、機械の方が自分たちよりも優れているとは思いません。
この機械というものは確かな技術を持ち、機械を使わずともしっかりした製品を作り上げることのできる人が使って初めて意味があるのです。つまり、あくまで出来ることの幅を広げるために開発されたのがこの機械たちなのです。

勘違いしてほしくないのは、機械というのは人の手で加工出来ない材料を生み出してくれるだけだということです。
新しく高度な機械がどんどん開発され世に送り出されますが、それに惑わされたくないのです。
設備が充実していれば精密なものが作れるわけではなく、人の手があるからこそ精密なものを作ることができるのです。

会社概要